田村淳 余った給食持ち帰った高校教諭処分に「悪い事なのかな?」

[ 2019年12月26日 13:58 ]

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(46)が26日、自身のツイッターを更新。給食の残りを持ち帰った高校教諭が処分されたニュースに疑問を投げかけた。

 淳は「給食」として投稿。「余った給食を持って帰った高校教諭が減給処分だって…悪い事なのかな?」と疑問符を付け、「食品ロスが問題になってる昨今…教えるべき事はどうやってロスを無くすかじゃないんですかね?」と食品ロスの問題を引き合いに持論を展開。さらに「この判断をしてしまった人達の食品ロスに対する意見を聞いてみたい」と続けた。

 この投稿に、5時間半近くで400を超える賛否両論、さまざまな意見が寄せられ、中には栄養士や給食調理士など現場からの投稿も目立った。

 堺市教育委員会が25日、4年間にわたって余った給食のパンと牛乳を持ち帰ったとして、市立堺高の男性教諭(62)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にしたニュースについて言及したと思われる。持ち帰った給食はパン約千個、牛乳約4200本で、総額は約31万円に上ったといい、教諭は全額を市教委に返還した。教諭は同日付で退職。「廃棄するのがもったいないと思った」と話しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース