高木美保 現職国会議員の収賄容疑逮捕に「本当にこれだけなのか、もっと裾野が広いんじゃないか」

[ 2019年12月26日 11:22 ]

高木美保
Photo By スポニチ

 女優の高木美保(57)が26日、コメンテーターを務めるテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。東京地検特捜部が、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から、現金300万円や約70万円相当の利益供与を受けたとして、収賄容疑で衆院議員秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕したことに言及した。

 秋元容疑者は2017年8月から18年10月まで内閣府副大臣でIRを担当し、観光施策を所管する国土交通副大臣も兼務。25日に自民党を離党した。一方、特捜部は事件の関係先として、千葉県印西市にある自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)=千葉13区=の地元事務所と、宮城県石巻市にある自民党の勝沼栄明前衆院議員(45)の地元事務所を家宅捜索した。2人は17年12月、秋元容疑者と共に広東省深セン市にある500社の本社を訪れていた。

 高木は、菅義偉官房長官が25日の記者会見で、秋元容疑者の逮捕によるIR事業への影響について「できるだけ早期にIR整備による効果が実現できるよう着実に進めていきたい」と強調したことに、「(政府はIR事業に)とても力が入っている状況で、法案の審議は5時間33分と非常に短い審議しかされていない」と指摘。その上で「ギャンブル依存症の問題とかについては今でもそれぞれの候補地に住んでいる住民の方が環境が荒れるとかね、そういったことで闘ってらっしゃる訳なんですけども、そういった中でもかなり早い段階から、今回の政権とは直接関係ないという意見もあるようですが、今、政権の中枢にいる大物政治家、つまり自民党の大物政治家の方たちの名前が挙がっていて、その方たちがそれぞれの地域で推進するってことを強く訴えているって話もぞろぞろ出てきているわけなんですよね」と話した。そして「今現在、秋元容疑者と白須賀議員の名前が挙がっているだけですが、それ以上に本当にこれだけなのか、もっと裾野が広いんじゃないかっていう問題も今、疑いが出てきている中で政権中枢とは関係ないとは私はとても言えないし、少なくとも政治家の倫理の問題ってここのところずっと私たち国民の神経を逆なでするようなことがあるじゃないですか。そういったところからしても私は通常国会、閉会中審査は実現するかどうか分かりませんが、通常国会でこれは厳しく問われるべき話だと思います」と強調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース