チキチキジョニー石原 地元新見市のふるさと大使に任命 千屋牛料理で「どんな男でも落とす自信」も…

[ 2019年12月26日 18:41 ]

岡山県新見市の「ふるさと大使」を委嘱式に出席した(左から)した新見市マスコットキャラクター・にーみん、チキチキジョニー・石原祐美子、池田一二三新見市長
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「チキチキジョニー」の石原祐美子(44)が地元・岡山の「新見市ふるさと大使」に任命され、26日、大阪・本町の松竹芸能本社での委嘱式に出席。新見市・池田一二三市長(66)から委嘱状などを授与された。

 新見市の「ふるさと大使」としては、今年6月に任命された巨人・高田萌生投手(21)に次いで2人目。自宅から車で30分のところにある恋が窪湿原がおすすめスポットだそうで「季節の花もきれいで、家族でよく行った」そうだ。地元特産品は千屋牛、ぶどう「ピオーネ」など。「子供の頃から、千屋牛、ワインに桃など美味しいモノばかり食べてきたんで、その結果がこれ」と石原は公称体重70キロのぽっちゃり体型の理由を明かした。

 実家が食料品店を営み、両親が働いていたために子供の頃から料理が得意だった。「千屋牛を料理して、食べさせたら、どんな男でも落とす自信がある」と豪語するが「あとはどうやって家に引っ張り込むかだけ」と笑わせた。実際に学生時代にこの“戦法”が成功したことがあるそうだが「20歳の頃。それからずっとありません」と苦笑いした。

 今後は地元名産品のPR活動などを企画中で「市民をあげて応援します」と池田市長は期待する。新見市は今年9月初めの記録的大雨で、大きな被害を受けた。石原も「実家近くのよく行くレストランがダメになった。先祖のお墓も大変なことになって。墓参りに行けない状況です」と言う。「微力ではありますが、新見市の情報を少しでも多くの方々にPRしていけたらと思います」とPR大使として積極的に活動する構えだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース