南美希子アナ 現職国会議員逮捕に「(IR事業は)プラスの面もあるので…徹底解明してほしい」

[ 2019年12月26日 13:42 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 元テレビ朝日でフリーの南美希子アナウンサー(63)が26日、コメンテーターを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。東京地検特捜部が、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から、現金300万円や約70万円相当の利益供与を受けたとして、収賄容疑で衆院議員秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕したことに言及した。

 秋元容疑者は2017年8月から18年10月まで内閣府副大臣でIRを担当し、観光施策を所管する国土交通副大臣も兼務。25日に自民党を離党した。一方、特捜部は事件の関係先として、千葉県印西市にある自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)の地元事務所と、宮城県石巻市にある自民党の勝沼栄明前衆院議員(45)の地元事務所を家宅捜索した。2人は17年12月、秋元容疑者と共に広東省深セン市にある500社の本社を訪れていた。

 南アナは「IRの中のカジノって、面積にすると日本の場合3%しかない」とした上で、「やっぱり初めてやってくるものだから依存症にならないかとか、犯罪の温床にならないかとか、そういう不安を持っている人がたくさんいる」と指摘。そんな中での今回の逮捕に「こういう話が出てきちゃうとね…もしかしたら本当に大きな成長戦略、東京五輪が終わった後、経済が低迷した中、1つの発火剤になるんじゃないかって期待、プラスの面もあるので、今すっごくマイナス面がクローズアップされているので、徹底解明してほしいですよね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース