NHK「おはよう日本」企画コーナーで誤り、謝罪 ホテル宿泊歴ない男性を客として紹介 サイトで詳細説明

[ 2019年12月26日 07:15 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKは26日、今月9日の同局総合「おはよう日本」(月~金曜前4・30)内の企画コーナー「おはようBiz」で放送した内容に誤りがあったとして、同番組内で謝罪した。

 番組のメーンキャスターの高瀬耕造アナウンサー(43)が「12月9日のこのコーナーで都市部で増えているキャビン型ホテルを特集し、この中でシューズなどの貸し出しサービス付きのホテルを宿泊客のコメントとともに紹介しました。しかし、施設を時々利用する客として登場した男性は、これまで施設を利用したことはなく、施設にシューズなどを提供していたメーカーの社員だったことが分かりました」と説明した。

 そのうえで「本人への確認作業は行いましたが、そのほかのチェックが十分ではありませんでした」とし、「視聴者の皆さまにおわびいたします」と頭を下げた。

 放送後、同番組の公式サイトに放送内容について詳細を掲載。「総合テレビ『おはよう日本』のビジネス情報を伝えるコーナー『おはBiz』で、12月9日(月)、来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に都市部で増えている“キャビン型ホテル”と呼ばれる宿泊施設について、『「カプセル以上 ビジネス未満が人気!?』というタイトルでお伝えしました」と説明。続けて「この中で、東京都内にある、シューズなどの貸し出しサービス付きの宿泊施設を、宿泊客のコメントとともに紹介しましたが、施設を時々利用する客として登場した男性は、実際にはこれまで施設を利用したことはなく、施設にシューズなどを提供していたメーカーの社員だったことがわかりました。本人への確認作業はおこないましたが、その他のチェックが十分ではありませんでした」とし、「放送で誤った事実を伝えたことについて視聴者の皆さまにお詫びいたします。チェックの精度を高めるなど再発防止に努めてまいります」とあらためて謝罪した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース