加藤浩次 現職国会議員の収賄容疑逮捕に「全部膿出さないとIRってスタートできないんじゃないの」

[ 2019年12月26日 12:13 ]

極楽とんぼの加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が26日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。東京地検特捜部が、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から、現金300万円や約70万円相当の利益供与を受けたとして、収賄容疑で衆院議員秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕したことに言及した。

 秋元容疑者は2017年8月から18年10月まで内閣府副大臣でIRを担当し、観光施策を所管する国土交通副大臣も兼務。25日に自民党を離党した。一方、特捜部は事件の関係先として、千葉県印西市にある自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)の地元事務所と、宮城県石巻市にある自民党の勝沼栄明前衆院議員(45)の地元事務所を家宅捜索した。2人は17年12月、秋元容疑者と共に広東省深セン市にある500社の本社を訪れていた。

 加藤は「秋元議員だけじゃなくて他の議員の所にも家宅捜索が入っている。どんどん広がりも出そうな気もしますよね」と言い、「IR担当の内閣府の副大臣をやっていた。まさにその時っていうことなんですよね」と指摘。その上で「政治家のこういった賄賂、収賄に関する額にしては小さいって言ってるけど、小さいだけでそうやって動いていることの方が悪質なような感じもする。小さい額でいろんな議員にそんなことがあったのって、ちょっと僕の予想だけになってしまうんだけど、そう思ってしまう」と持論を述べ、「これ全部膿(うみ)出さないとIRってスタートできないんじゃないのって僕は思ってしまいますけどね」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース