ナイツ塙、M―1で隣席のオール巨人は「ネタ中にいろいろ言う」Vのミルクボーイの時は「優勝ちゃうか」

[ 2019年12月26日 17:44 ]

「ナイツ」塙宣之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(41)が26日、木曜レギュラーを務めるニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)に出演。審査員を務めた「M―1グランプリ2019」決勝の、審査員席の様子を語った。

 「M―1」の審査員は昨年と同じメンバーが務めたが、席順は変わり、今年、塙の右隣は「オール阪神・巨人」のオール巨人(68)だった。「巨人師匠ってあの、結構あの、ネタ中にいろいろ言うなぁと思って」と塙。巨人は、各出場者がネタを披露中に独り言のように喋っていたという。

 「ミルクボーイが(開始)2分ぐらいでめちゃめちゃウケ始めたときに、ずっと巨人師匠は『これ優勝ちゃうか、優勝ちゃうか、うん優勝ちゃうか』とずっと仰ってた」とし、大御所の漫才への思いが溢れ出ていたことを明かした。

 これに対し、この日のゲストで、塙と同じく「M―1」の審査員を務めた「中川家」の礼二は「結構、巨人師匠、言うよ。独り言」と補足。続けて「去年、俺も横やったけど、独り言と気付かず全部返事していた『はい』って。何か喋り掛けられているのかと思って」と話し、スタジオをわかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース