森昌子 故郷・宇都宮で47年ラスト唱「この思い出を宝に」

[ 2019年12月26日 05:30 ]

今年末での引退を前に最後のコンサートを行い、セーラー服姿で歌う森昌子
Photo By 提供写真

 年内で芸能界を引退する演歌歌手の森昌子(61)が25日、故郷の宇都宮市で最後のコンサートを行った。

 72年のデビュー当時、トレードマークだったセーラー服姿も披露。ラストはデビュー曲「せんせい」を歌い「これが、森昌子としての最後。皆さんと歩んだ47年を忘れません。どこにいてもこの思い出を宝に元気に生きていきます」と笑ってステージを去った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月26日のニュース