あびる優、才賀紀左衛門と離婚 生活のすれ違いや価値観の違い…長女の親権は才賀へ

[ 2019年12月13日 18:21 ]

2014年の結婚会見で、才賀紀左衛門(右)にお姫様抱っこされ笑顔でピースするタレントのあびる優
Photo By スポニチ

 タレント・あびる優(33)と格闘家の才賀紀左衛門(30)が離婚していたことが13日、分かった。あびるの所属事務所が同日、マスコミ各社にファクスで報告した。

 「ご報告」としたファクスでは「あびる優が、才賀紀左衛門さんと離婚したことをご報告申し上げます」とし「少しずつ、生活のすれ違いや価値観の違いをお互い感じるようになり、今年に入り、何度も話し合った結果、離婚という結論に至ったそうです」としている。

 同事務所によると、離婚届は今月4日に都内の区役所に提出。慰謝料などはなく、長女の親権は才賀が持つが「あびるはこれまでと同様の愛情を持って育てていきます」(所属事務所)。離婚について会見する予定はないとしている。

 2人は2014年9月に結婚。15年5月には第1子女児が誕生した。17年10月、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)で才賀の不倫疑惑が報じられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月13日のニュース