北島三郎 両足指7本骨折 自宅で転倒、全治2カ月 テレ東収録には参加

[ 2019年12月13日 05:00 ]

テレビ東京の番組収録も参加も着席して見届ける北島三郎(右から2人目)
Photo By 提供写真

 演歌歌手の北島三郎(83)が、両足の指の骨計7本を折る全治2カ月のケガを負っていたことが12日、分かった。

 この日は負傷を押して、都内で行われた大みそかのテレビ東京「第52回年忘れにっぽんの歌」(後4・00)収録に参加。ステージには立たなかったが、着席して後輩の歌唱を見守った。北島は「治るまでは立って歌うことはできないけど元気で頑張ってるよ」とコメントした。

 関係者によると、骨折したのは先月20日。東京都八王子市の自宅で転倒し、翌日病院で検査をしたところ、骨折が判明した。どの指が骨折したかは明らかにしていないが、計7本折れており靴を履けない状態だという。仕事のキャンセルはなく「足の指以外は元気なので、座ってできる範囲で活動しています」(関係者)。

 北島は長年の持病だった「頸椎(けいつい)症性脊髄症」の手術を2016年に受けている。

 この日の収録では、骨折と持病の影響で単独歩行が難しく、本来予定していた歌唱は行わなかった。徳光和夫(78)、竹下景子(66)、中山秀征(52)の司会陣に脇を固められ、会場で存在感を放った。

 「何十年間の『年忘れにっぽんの歌』で初めて席で見させてもらったよ」と照れ笑いしつつ「みんな迫力ある声でよかったよ」とご満悦。「みんなに心配してもらい申し訳ないが、一日も早くステージに立てるようにしたいね」と完全復活へ意気込みを見せている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月13日のニュース