Matt 父・桑田氏のがっつり写真加工はNG「パウダー塗ろうとしたら怒られて…」

[ 2019年12月13日 14:30 ]

「BESTCOSMETICS AWARDS 2019」でVOCE美容流行語大賞の特別賞「最もニュースな美容人2019」として表彰されたMatt
Photo By 提供写真

 野球解説者・桑田真澄氏(51)の次男でアーティストのMatt(25)が13日、都内で行われた「BESTCOSMETICS AWARDS 2019」でVOCE美容流行語大賞の特別賞「最もニュースな美容人2019」として表彰された。

 画像加工の“Matt化”が大きな話題を呼んでいるMatt。「本当はコスメの授賞式なのなと思った、まさかの僕の授賞式でびっくりして」とまさかの展開にびっくり。それでも「今年はおかしいなって思うぐらい、こんな流れでいいんですか?って感じで、ホント令和で平和。多様性でいろんなことが認められて、自分のことだけじゃなく、いろんな見方ができるようになって日本って素晴らしいなって」と感慨深げに語った。

 大活躍となった2019年は「加工しかしてない1年だった」と苦笑するばかり。「化粧もしますけど、こんなに人の顔を見たことないってぐらい、人の顔をズームして、加工して。今日も加工の時間がある」としつつ「トーク中も加工のことばっかり考えてて、話を振られても忘れてしまって…。加工の1年でした」と笑った。

 Matt化した人数は「数えきれない…」とMatt。1枚の加工には「だいたい2ショットとか20分」だとし、「2時間の中で2ショットを3~4枚ぐらいできたらいいのかな。自分の顔の加工はめちゃくちゃ早いです」と自信を見せた。

 逆に、Matt化しにくいのは「味のある顔の人」だといい、「俳優さんとか、味のある顔、塩顔とか逆に難しくて。整っちゃうと逆におかしい。そのままあげると“誰々さんはMatt化しないんですか?”とか来て。自分の中では加工しないほうがいいみたいな人がいる」と意外な告白をした。

 「その中に桑田真澄も入っている」とも。桑田氏の加工については「パパはホクロを取るぐらい。(がっつり加工は)できないですね。前にパウダー塗ろうとしたら怒られて」と笑わせた。

 クリスマスイブの24日は自身の曲を公開することを告知しているMatt。「今までは歌はテレビではやっていないので、今度は自分が中心になってものを届けることをやっていきたい。やりたいことは自分の曲を出したいってこと。今まではメークを通して自分を表現してきたので、これからは音楽を通して自分のやりたいことを表現できたらいいな」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月13日のニュース