梅宮さん豪快伝説の数々…パジャマで銀座、発禁になった「シンボルロック」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

俳優の梅宮辰夫さん死去

「辰にい」と慕われた昭和の大スター、梅宮辰夫さん
Photo By スポニチ

 ▽過激な内容の曲が発売禁止 1970年発売の「シンボルロック」。♪男のシンボル 寝ぼけていないで起きておくれ こいつで世界を征服しよう――と男の下半身をブルース調で歌った。民放連が「要注意歌謡曲」に指定。放送禁止と発売禁止の対象になった

 ▽パジャマで銀座 「一晩でも銀座に出ないと寝付きが悪い」と、仕事終わりに部屋着のような格好で銀座に繰り出すこともしばしば。「店に行けば着替えが置いてある」と噂があったほど

 ▽ベンツ盗難 01年に運転手がベンツ(約650万円相当)を盗まれる被害に遭った。会見で「ベンツはいいからクッキングボックスだけは返してくれ」と調理器具の返還を訴えた。後に車体は見つかったがボックスは持ち去られていた

 ▽釣り船で骨折 02年10月に、北九州市の海岸付近の釣り船上で転倒。肋骨数本を骨折する全治6週間のケガを負った。翌11月に、松方弘樹監督映画「OKITE やくざの詩」の釣り堀ロケで仕事復帰した。本番中に魚を釣ってしまうハプニングがあり、「皮肉だな」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月13日のニュース