顔面30針の大けがも…祝う会に登場「オペラ座の怪人でいくよ」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

俳優の梅宮辰夫さん死去

昨年3月「祝う会」の前に転倒し、顔面を30針縫う大けがをした梅宮さん
Photo By スポニチ

 梅宮さんは昨年3月15日に「生誕80年・芸能生活60年を祝う会」を都内のホテルで開催したが、会場入りする際に足を滑らせて転倒し顔面を強打。目の上や鼻など、約30針も縫う大ケガを負った。

 それでも梅宮さんは病院での処置を終えた後「お客さんがいる限り、はってでも出る」と会場に戻り、顔に大きなばんそうこうを貼りサングラス姿で登場。驚く招待客を前に「今日は、オペラ座の怪人でいくよ」とユーモアたっぷりに語り、往年のヒット曲「ダイナマイトロック」を披露するなどホストとしての役割を全うした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月13日のニュース