倉本聰氏「おやつれになっていてショック…」 遺作のドラマ出演を依頼

[ 2019年12月13日 05:30 ]

俳優の梅宮辰夫さん死去

脚本家の倉本聰氏
Photo By スポニチ

 ドラマ「前略おふくろ様」(日本テレビ)など梅宮さんが出演する作品を手がけた脚本家の倉本聰氏(84)は「僕にとっては頼りになる俳優」と思いをはせた。

 最後の仕事になったのはテレビ朝日「やすらぎの刻~道」。倉本氏から出演を依頼したといい「お体が大変だったことは知っていましたが“少しでもいい”とお願いさせていただきました。映像になったのを見たら、おやつれになっていてショックでした」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月13日のニュース