武井壮 沢尻被告が姿見せなかった理由を推測「また作品に使われる時に…」

[ 2019年12月9日 21:40 ]

タレントの武井壮
Photo By スポニチ

 タレント、武井壮(46)が9日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に生出演。麻薬取締法違反罪で起訴され6日に保釈された女優の沢尻エリカ被告(33)が、保釈時に報道陣の前に姿を見せなかったことについて言及した。

 沢尻被告は保釈が決まると、報道陣に姿を見せることなく、カーテンが引かれた車で湾岸署を出て、都内の病院へ。この話題へのコメントを求められた武井は、「泣きながら土下座をしたりする人がいるじゃないですか、そういう映像を残したくなかったんだろうなと思いますけど」と持論を展開。続けて「スポンサーなり、いろいろなところが許してくれて、彼女の演技力とか存在感が認められてまた作品に使われる時に、そういったものばっかりがネットに上がってイメージを壊したりすることもあるだろうから」と推測した。

 「復帰できるわけじゃないんで、謝った所で、今のところは」と語った武井。「自分のイメージを崩す映像みたいのを残したくなかったのかなと思います」と強調した。

 沢尻被告は保釈後、所属事務所を通じて「たくさんの方々に大変なご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。立ち直ることをお約束します」などとする直筆の署名入りの謝罪コメントを発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月9日のニュース