“最後の1期生”峯岸みなみ 14周年の日にAKB卒業を発表

[ 2019年12月9日 05:30 ]

AKB48の劇場デビュー14周年公演に出演し、卒業を発表した峯岸みなみ(C)AKS
Photo By 提供写真

 AKB48が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で劇場デビュー14周年公演を開催し、峯岸みなみ(27)がグループ卒業を発表した。公演終盤に、グループ総監督の向井地美音(21)から締めのあいさつを振られると、峯岸は「AKB48が大好きだという気持ちでステージに立てたことをうれしく思います。そんな私から、発表があります。私、峯岸みなみはAKB48を卒業します」と発表した。

 AKBは05年のこの日、秋葉原の専用劇場で公演デビューした。峯岸は前田敦子(28)、高橋みなみ(28)、小嶋陽菜(31)らと初ステージに立ったメンバーの一人。17年に小嶋が卒業した後は現役唯一の1期生だった。峯岸は「AKBを好きでいられる自分でいられる時に卒業したいと思った。こうしてみんなに見守ってもらえる場所を、卒業発表の場に選ばせてもらいました」と話した。

 発表をあらかじめ聞いていたという向井地は、目を潤ませながら「AKBの歴史を全部知ってくれている唯一の存在、みいちゃんがいなくなるとどうなるんだろうという気持ちが凄くある」と、存在の大きさを改めて感じていた。

 AKBは来年4月2日に横浜アリーナでコンサートを行うことも決定。峯岸は「それが最後のコンサートになると思います」と明かした。

 峯岸は鋭い切れと自虐を織り交ぜたトークセンスで、数々のテレビ番組で活躍。AKBの選抜には38回選ばれたほか、高橋、小嶋との3人組ユニット「ノースリーブス」でも活躍した。一方で、13年に恋愛スキャンダルを報じられると、反省のため頭を丸刈りにして謝罪する動画を配信。アイドルと恋愛について論議を巻き起こした。


 ◆峯岸 みなみ(みねぎし・みなみ)1992年(平4)11月15日生まれ、東京都出身の27歳。AKBのメジャーデビュー曲「会いたかった」から選抜メンバーの常連。選抜総選挙は10、12年の14位が最高順位。15~18年にはチームKのキャプテン。トーク力を武器にバラエティー番組でも活躍している。愛称は「みいちゃん」。1メートル58、血液型B。



《同期が続々ねぎらい投稿》 1期生の仲間からはSNSでねぎらいのコメントが相次いだ。初代総監督の高橋は「ついにこの日がきたんだね。最後の1期生が卒業だよ」とツーショット写真付きで文章を投稿。小嶋も「お疲れさま!長い間よく頑張りました」とつづった。2期生は既に全員卒業しており、峯岸卒業後は3期生の柏木由紀(28)が在籍年数の最も長いメンバーとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月9日のニュース