錦野旦、スター健在の裏に愛妻の“チェック” 内助の功に「ありがたい」

[ 2019年12月9日 16:44 ]

歌手の錦野旦
Photo By スポニチ

 歌手の錦野旦(70)が9日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に、結婚19年になる妻のヒロ子さんとともに出演。若さを保つ秘訣(ひけつ)について語った。

 デビュー50年、今月14日には71歳になるが、若い頃から体形が変わらない錦野。若さの秘訣は、日ごろから自分より年下の人と接して、若さをもらうことだという。「若い人には頭を下げながら、一緒になって遊びも、仕事も」と話した。

 体調管理や、食事の面、衣装のアドバイスなど、厳しく管理するのは、自身の会社の専務でもあるヒロ子さん。友人と地方でのゴルフや、飲むことが好きな錦野は旅先でつい暴飲暴食してしまい、帰宅する際には緊張するという。「旅から帰るとドキドキするんです。帰ったらチェックですよ。『はい、体重計にのって、はい』と」。

 ヒロ子さんは「良いんですよ、太っても。でも『何だ、スターも結構太ってんじゃん』とお客さまに言われるのが、結局、嫌なんですよ」とし、続けて「だから(体重増は)500から1キロくらいのところで止めておかないと、2キロ3キロだとものすごく苦労しなきゃいけないから。500、1キロでちょっとチクッと」と、内情を明かした。

 これに対し、錦野は「本当にありがたいですよね」と、内助の功に感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月9日のニュース