星組新トップコンビ・礼真琴&舞空瞳お披露目公演開幕「全力で暴れたい」

[ 2019年11月20日 19:54 ]

トップお披露目公演で圧巻のパフォーマンスを見せた星組新トップスター礼真琴(右)とトップ娘役の舞空瞳
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団の星組新トップスター礼真琴(れい・まこと)と新トップ娘役・舞空瞳(まいそら・ひとみ)のお披露目公演「ロックオペラ モーツァルト」が20日、大阪・梅田芸術劇場で開幕した。

 ロック調ナンバーの数々で、モーツァルトの数奇な半生をつづったフレンチ・ミュージカルの宝塚版。礼はスターひしめく95期生の、舞空は102期生の首席で入団した“超・優等生コンビ”。この日も圧巻のパフォーマンスで客席をわかせた。

 カーテンコールでは、礼が「約1カ月間の稽古期間の中で、初日が近づくにつれ私自身、いろんな不安やプレッシャーにおしつぶされそうな日々でした」と告白。「ですが、皆様が温かい拍手をくださり、私たちの想像していなかったところで笑い声が起こり、お客様と一緒に(舞台を)作り上げることができるんだな、とあらためて感じました」と、超満員の客席に感謝した。「今日から新しい星組のスタート。全力で暴れたいと思います」とあいさつし、割れんばかりの拍手が起こった。

 公演は同劇場で27日まで。東京建物Brillia HALLで12月3~15日。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月20日のニュース