西野七瀬 令和元年の一文字は「新」、来年は「映画をやってみたい」

[ 2019年11月20日 10:25 ]

「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントに出席し、今年の一文字に「新」と書いた西野七瀬
Photo By スポニチ

 元乃木坂46で女優の西野七瀬(25)が20日、都内で行われた「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントに出席。今年を振り返り、来年の抱負を語った。

 西野は昨年末にグループから卒業。今年2月24日に卒業コンサートを行った。この日のイベントでは令和元年を振り返り、今年1年間を表す漢字一文字を発表。西野は「新」と書いた。理由については「今年、グループから卒業して初めての年だった。新しいことばっかりやらせてもらった」と説明。また、「自分の時間も作ることができた」と充実した日々を振り返った。

 また、今年4月から2クールにわたって放送され、最終回での平均視聴率が19・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、SNS上の“考察”でも盛り上がりを見せた日本テレビの連続ドラマ「あなたの番です」に出演。劇中ではマンションの住人などを殺していく殺人鬼を熱演し、その“怪演”が大きな話題を呼んだ。西野は「(ドラマでの)思い出が一番濃厚。1年の半分で(撮影を)やっていたから(印象が)大きい」と回顧した。

 最後は、来年について「ぜひ、映画をやってみたい」と意気込み、さらなる女優業としての飛躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月20日のニュース