太田光、沢尻容疑者の復帰に触れたワケ「芸能界以外で生きろって…それは無責任だと」

[ 2019年11月20日 11:55 ]

「爆笑問題」の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(54)が19日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。合成麻薬MDMAの所持容疑で16日に逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者(33)の復帰を巡って発した自身のコメントについて語った。

 太田は17日放送のTBS「サンデージャポン」で、沢尻容疑者の復帰の可能性について言及したが、その際、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(40)から「どう考えても甘いですって芸能界」「一発アウトだってのをきちっと示さないとダメ」などと反発を受けていた。

 サンジャポでのやりとりを振り返り、太田は「復帰の話とか、まだ早いんだろうけど。沢尻もなあ。“なんとかして生きていかなきゃいけないじゃん”って、俺はちょっと思ったから」と発言の真意を説明。「だから芸能界は甘いんだって言われる」としながらも「だからと言ってさ、“芸能界以外のところで生きてくれ”っていうのは、それは無責任だと思わない?」と疑問も口にした。

 「俺は別に一族でもない。関係ないし、好きでもなんでもない。かばう必要もないんだけど」と前置きしつつ「ただ、“芸能界の他で生きてくれ、芸能界には復帰させない”みたいなことで言うと、押し付けられた社会だってあるわけで」と太田。さらにテレビという環境においては倫理が問われるのは仕方ないとした上で「でも、俺は一言言いたいのは、ちゃんとこれで頑張ろうとしてる人たちもいて、その人たちに影響力はある。やっぱり芸能界の中にはさ、ちゃんと復活して、実は凄い名作を作ってる人はいる」と指摘し、沢尻容疑者についても「そういう人になって欲しいって気持ちはあるよね」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月20日のニュース