ハイヒール絶賛 スーパーで購入即調理の新業態とは、ロザン宇治原はクイズに苦闘…

[ 2019年11月20日 10:37 ]

MBSテレビ「水野真紀の魔法のレストラン」に出演の(左から)ハイヒール・リンゴ、モモコ、ロザン・宇治原史規
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「水野真紀の魔法のレストラン」(水曜後7・00)の20日放送はハイヒール・リンゴ(58)、モモコ(55)がゲスト。水野真紀(49)、ロザンの宇治原史規(43)らとグルメを紹介しながらトークを展開する。

 リンゴ、モモコが絶賛するスーパー「ライフ」の手作り人気商品。購入した肉や野菜を店内で調理して食べられる新業態“グローサラント”。店頭に並んでいる肉を、店内に設置されている鉄板で焼いて試食したリンゴは「普通の焼き肉店で食べるよりはるかにおいしい」とべた褒めした。

 関西で156店舗を展開する「ライフ」でロザン・宇治原にプチクイズが出題される。「他のスーパーにない、客の目の前で作る人気商品は?」の問題に、宇治原は「全然わからん。どうしよう」と悩んだ挙げ句、投げやり気味に「ケーキ」と。正解はまさかの「ピーナッツバター」。砂糖もバターも一切入ってない自然の味が楽しめるピーナッツバターをV6・長野博(47)が試食。芸能界屈指の食通として知られる長野は「ピーナッツ本来の甘みもあって香りがいい」と絶賛。リンゴ、モモコはさっそく「買うて帰ろ」と宣言。マネジャーに「70グラム2個な」と指示して、スタジオは笑いに包まれた。

 クイズに不正解し、メンバーから「アホになってきてるね」などと非難された宇治原だったが「“ピーナッツバター”、誰が当てられるんですか」とぼやき、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月20日のニュース