坂上忍 沢尻容疑者出演予定の大河ドラマに「放送3カ月遅らせてでも一から組み立て直して…」

[ 2019年11月20日 14:35 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が20日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。合成薬物MDMAの所持で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)について語った。

 沢尻容疑者が出演予定だったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート予定)は代役を立てて撮り直すとみられるが、坂上は「一視聴者としては(撮り直すかどうか)どっちでもいいです。見たい人見るし、見ないって決めた人は見ないし。ただ、僕は逆に言うとNHKだから撮り直さないとダメだろうなっていう感覚」と話した。

 一方「役者側の立場としたら、大河はね、ほかのドラマと違っていると思っているんで」と言い、「1年というスパンの中でスケジュールを空けて、スタッフの人もキャストの人も今どきに言うとワンチームにならないと乗り切れないものだって僕は感じた」と説明。続けて「だから、仕切り直すのであれば、1話から10話流して11話からシラーっと代役立ててそれでいいじゃないですかっていうのは、出る側、つくる側からしたら、あの番組に関して僕はないです」と持論を述べ、「何より代役の人は絶対に比較される。結局、代役立てるってなったらその人をどれだけ応援できるかってなってくる、周りに人たちが。そしたらもう放送3カ月遅らせてでも一から組み立て直して本当に撮りたいものを撮らせてあげたいなっていうのが僕の個人的意見」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月20日のニュース