吉本興業・岡本社長 宮迫&亮の処分撤回の理由「心苦しい」当初、宮迫は引退させない方向だった

[ 2019年7月22日 15:15 ]

<吉本興業・岡本昭彦社長会見>会見の席に着く前にあいさつする吉本興業・岡本昭彦社長(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長が22日、東京都新宿区内で問題発覚後初の記者会見に臨んだ。

 「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)の処分撤回の理由については「会社の意思。2人だけで会見をさせてしまい、心苦しい。つらいを思いをさせたことを踏まえた」と説明。宮迫については契約解消を撤回。亮については「契約解消はしていないですが、彼がそういう気持ちということで、処分を見直す」とした。

 あるタレントから、宮迫について「引退はさせないでください」と懇願されたことから、当初、岡本社長は「引退はさせない。会見はやる」という考えで、ただ「時期は会社に一任してほしい」という考えだったと明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース