吉本社長会見中に所属芸人からツッコミ続出「悲しいわ…血の通った発言を聞きたいんです」

[ 2019年7月22日 16:26 ]

会見をする吉本興業・岡本昭彦社長
Photo By スポニチ

 所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長が22日、東京都内で問題発覚後初めて記者会見に臨んだ。契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の20日の会見を受けて「あんなにつらい思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪し、2人の処分を撤回することを発表した。

 会見では時折言葉に詰まり、涙を見せた岡本社長。しかし歯切れの悪い、要領を得ない受け答えに、質問した芸能リポーターが「もういいです」と回答を遮って切り上げる場面もあった。

 会見がテレビやインターネットで生中継されたこともあり、会見中に同社所属の芸人からツイッターで“ツッコミ”と思われる反応が続出した。エハラマサヒロ(37)は「冗談…」「和ませようと…?」とツイートし、「ダイノジ」大地洋輔(47)は「冗談てか。。。」と絶句。宮迫が告発した「お前ら(録音のため)テープ回していないやろな」という圧力について、同社長が「冗談で言った。冗談といいますか、和ませるといいますか」と釈明したことについてのツイートのようだ。

 また、「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)は、社長の会見についてとは明言していないが、会見と同時間帯に「悲しいわ。知り合いの芸人、先輩後輩同期、皆同じ事を思ってる。頼むから汗の書いた文字が欲しいんです。生きてる言葉をください血の通った発言を聞きたいんです。どう変わるんですか?」と訴えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース