たむらけんじ嘆く 吉本社長の会見「遠まわしで言い訳っぽい」「残念な会見」

[ 2019年7月22日 16:53 ]

たむらけんじ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのたむらけんじ(46)が22日、MBSテレビの情報番組「ミント!」(月~金曜後3・49)生放送に出演。所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、同時間帯に行われている吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見についてコメントした。

 質疑応答で歯切れの悪い回答を続ける同社長に対し、「残念な会見だった」と言い切ったたむら。「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)と会社側との会談では、同社長が全ての場面に同席したわけではないことから、会見に幹部や顧問弁護士を同席させたことを理解しながらも、「(社員らから)すべて吸い上げて、答えるべきだった。2人(宮迫と亮)の潔い会見の後に、幹部を伴った会見って…その時点で怖かった」とひとりで会見するべきだったとした。

 岡本社長の受け答えについても「遠まわしに言い訳っぽく聞こえる。凄くもったいない。思っていたことを言えるチャンスをもらっているのに、みすみすチャンスを逃しているような気がする」と率直な感想を口にしたたむら。「こういう時にどういう決断をするかがトップの資質やと思っている、宮迫さん、亮の腹くくった会見に比べると残念かなあ…残念やなあ。悲しい、しんどいよね」と厳しい表情だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース