坂上忍 宮迫&亮の“金銭授与否定”は「一番の守れる材料だった」吉本の立場になって言及

[ 2019年7月22日 13:08 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が22日、自身がMCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に都内で謝罪会見を開いたことについて言及した。

 「同じ出る側の立場ですから、いろいろ感じるところ、共感できるところ、響くものもそりゃありました」と印象を語りつつ、「ああいう会見になったからこそ、もうちょっと冷静に見ないといけない」と坂上。2人の主張や、これまでの経緯を踏まえた上で「会社側の立場になった時にどう感じるんだろう」と考えたとし「会社としては全力を挙げて守ろうとしたのは間違いないと思う。その時は、守る材料があったんだもん。反社会的勢力って知らなかったし、なにより『お金もらっていない』って言ってたんだから」。しかし、その後、金銭の授与が発覚。「『お金をもらっていない』っていうのが一番の守れる材料だったはずなんだよ。“このタイミングでそれをやられたら、俺たちどうすればいいの?次守る時、またハードル高くなっちゃうよ”って感じたことは否めない」と持論を披露。

 さらに、弁護する側の立場からも言及し「とにかく第一歩は正直に言ってくれってことじゃないですか。そこでうそをついてしまったことは、吉本さんにとって痛手であったことは間違いないだろうね」と推測していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース