宮迫&亮“吉本復帰”はあるのか…たむけん推測「今は、わかりましたとは…」

[ 2019年7月22日 22:52 ]

謝罪会見を行う宮迫博之(左)と田村亮 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、東京都内で問題発覚後初めて記者会見。冒頭で「2人にああいう記者会見をさせてしまった。つらい思いをさせてしまって、申し訳ない」と謝罪し、契約を解消した「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の処分を撤回、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)についても契約解消しない意向を明かした。

 「受け入れてもらえるものならば」と話したところで声を詰まらせて号泣し、「同じテーブルで向かい合って、彼らの思いに耳を傾け、最善の解決策を一番に考えたいと思います」と宮迫と亮に復帰を呼びかけた岡本社長。果たして、宮迫が吉本に復帰し、20日の会見で「契約解除していただきたいと思っています」と話していた亮が意思を翻す可能性はあるのか。

 この日、MBSテレビの情報番組「ミント!」(月~金曜後3・49)生放送に出演したお笑いタレントのたむらけんじ(46)は、2人の気持ちをこう推察した。

 「腹括って会社を飛び出していったということじゃないですか。相当の覚悟やと思うねんな。それまでも残りたいっていうのはもちろんあったと思うし、そやけどそれも叶わないと思ったから、自分たちの口で本当のことを言いたいってなったから、飛び出していったと思うねん。だからああやって『戻ってきていいですよ』と言われて『わかりました、ハイハイ』とは、今はならへんちゃうかな」

 たむらは言葉を絞り出した後、「僕は、吉本興業で宮迫さんや亮と仕事がしたいよ」と自らの願望を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月22日のニュース