八代英輝氏 吉本興業の姿勢に「紙なんか必要ないっていう文化は通用しない」

[ 2019年7月22日 12:06 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 弁護士の八代英輝氏(54)が22日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及した。

 八代氏は「会見中、亮さんは自分は契約は解消された認識でいると。一方で吉本興業のホームページ見ると、宮迫さんは削除されているけれども亮さんは残っている」と指摘。

 その上で「ですから“口頭でも契約は成立する。紙なんて水臭い”って話を(吉本興業の幹部は)してましたけど、もうこんな基本的な認識も食い違っているような状況で、いつまでも紙なんか交わさない、紙なんか必要ないっていう文化は通用しないことが明らかになってきている気がします」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース