吉本興業社長、後輩救済の“松本興業”構想に前向き「話をしながら進めていければ」

[ 2019年7月22日 17:40 ]

<吉本興業・岡本昭彦社長会見>会見の席に着く前にあいさつする吉本興業・岡本昭彦社長(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長が22日、東京都新宿区内で問題発覚後初めて記者会見に臨んだ。

 特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見を受けて、芸人たちがさまざまな声を上げていることに「若手からベテランまで、現場も含めてきちんと話をしていければ。声を聞いて寄り添えていければと思います」とコメント。

 「ダウンタウン」の松本人志(55)が21日のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で「吉本興業内にもう1個、僕の部署を作ってくれ」と直訴。「『松本興業』じゃないんですけど」と前置きしながら、「やらかした子たちやイエローカードの子たちを俺が引き取るから、保証人というか、ちゃんと生かしたってくれ」と、問題児とされる芸人たちをバックアップしたいと申し出たと伝えた。

 岡本社長は、松本からの提案について「プロジェクトとして、つらい状況にいる若い子たちをサポートするという話はある。明石家さんまさんからもありましたが、会社として、話をしながら進めていければと思う」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース