加藤浩次、吉本改革へ松本人志に呼びかけ「新しい会社を松本さん中心に」

[ 2019年7月22日 10:02 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)で、特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及。吉本興業の経営陣刷新を訴えるとともに、新体制づくりに向けて、先輩芸人の「ダウンタウン」松本人志(55)に呼びかける場面があった。

 2人の会見内容を受けて、番組中何度も「怒りしかない」と語気を強めた加藤。終盤にはあらためて「何とか逃げきって、今までと変わらない状態をつくっていくのか。僕はやっぱり今の経営陣、代表取締役会長、社長、全部刷新するのがいいと思う」と、構造改革を訴えた。

 さらに「旧態依然とした人間残っているなら何も変わらない。新しい形でスタートするなら、僕はいくらでも力を貸します」と、再出発の際には尽力することも約束した。

 その上で、必要としたのが先輩である「ダウンタウン」松本の力。松本は21日の「ワイドナショー」(フジテレビ、日曜前10・00)で大崎会長について「うちの兄貴なんで。大崎さんがいなくなったら僕は(吉本を)辞めますね」と話していたが、加藤はこの発言に触れ「大崎さんは素晴らしい方だと思うけど、取締役会長というお立場ですから、松本さん、辞めるとか言わないでもらいたい」とし、続けて「そうなって新しい会社を松本さん中心につくっていただきたいと僕は考えています」と新体制へ向けて先頭になってほしいと懇願。最後は「ここで変わるべきだと思う。そうでないと亮さんと宮迫さんの勇気、あの会見が浮かばれない」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース