加藤浩次 会長慕う松本人志に魂の訴え「トップが責任取れない会社って機能してるのか」

[ 2019年7月22日 09:26 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及し、会社の経営陣への思いを巡って、先輩である「ダウンタウン」松本人志(55)の発言に異を唱えた。

 20日の会見で亮が“ファミリー”への不信感を口にし「(吉本が)僕をファミリーだと思うなら、僕は子供だと思う。子供が本当に悪いと思って謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思う」と“親”への不満を、涙ながらに訴えていた。加藤は、吉本興業の大崎会長が13日にマスコミ各社のインタビューで、所属芸人は「一緒に人生を共にする家族のような存在」と語っていることに触れて「会長もそう言っている。取締役として代表権持っている会長にも責任がある」と会長の責任論に触れた。

 また、加藤は前日21日に松本が「ワイドナショー」(フジテレビ)で「(会長の)大崎さんが辞めるんだったら僕も辞める」と話していたことにも言及。「大先輩に対して意見を言うのはおこがましい」と前置きしつつ「(大崎会長は)松本さんとずっとやってきた同志だと思う。その気持ちはすごくわかる。でも松本さん!僕は後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです。みんなつらい思いをしていて、トップが責任取れない会社って機能してるのかなと思うんです」と訴えた。

 加藤にとって松本は、相方・山本圭壱が不祥事を起こした際にも尽力してくれた恩人。それだけに「その松本さんに意見するのつらくてしんどい」と心境を打ち明けつつ「(岡本社長は)松本さんのマネジャーではなく、会社のトップ。社員の家族もいる、そして、芸人の家族、生活があるんです。今、吉本が取締役以上、経営側が絶対変わらないとダメ」とし「この状況が変わらないなら退社します。きのうずっと考えていて。意見するような形になって申し訳ないんですけど、そういうつもりでいます」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月22日のニュース