立川志らく 留学中の小室さんに「世論は反対の人多い。自分の力で認めさせないとだめ」

[ 2019年5月13日 11:28 ]

立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(55)が13日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)について言及した。

 小室さんをめぐっては、2年後の2021年の結婚を目指しているとの見方が浮上。小室さんの代理人がスポニチ本紙の取材に「夏休みに帰国予定はない」と話すなど、小室さんは米司法試験取得に全力で取り組んでいるとみられる。

 志らくは「いまだかつてないほど皇室に対する好感度が高いわけでしょ、今」と現在の状況を分析した上で「ひとつ引っ掛かっているのは、小室さんの件ですよね。いろいろあって。で、秋篠宮様が“みんなを納得させないとだめだ”っておっしゃったわけなんだから。今、世論は反対の人多いと思いますよ。自分の力で認めさせないとだめでしょうね」と持論を述べた。

 そして、弁護士になるのかどうかは、小室さんの人生のため、自分たちが意見することではないとしつつ「今こっち(結婚反対に)いっちゃってる世論を、みんなに祝福してもらうように自分でしないと。誰もが喜ばないと。普通の結婚だったら当人同士が好きなら他人がとやかく言うことじゃないけど、皇室の結婚だから」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース