「ペナルティ」草の根大使で表彰 ワッキー、現地でタイ語のネタ披露「日本よりウケた」

[ 2019年5月13日 18:59 ]

感謝状を受け取り写真撮影に応じる(左から)河野外務大臣、ペナルティのヒデとワッキー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(46)とヒデ(48)が12日、都内で行われた、自らが務める「草の根大使」に対する河野太郎外務大臣(56)からの感謝状贈呈式に出席した。

 「草の根」とは、政府資金で行われる、開発途上国などに対する援助・協力(ODA)の一環として現場で活動するNGOや自治体などが行う事業を支援するもの。発足から30年を迎えたことを機に、昨年5月、ヒデとワッキーに、「草の根大使」を委託しており、任期を無事に終えた。

 感謝状を受け取り、活動の一環として訪れたタイでのことを聞かれたヒデは「良い経験になった。現地の小学校でお笑いのネタもやらせてもらった」とコメント。以前、タイ料理屋でのアルバイト経験があるというワッキーが、「タイ語でネタをやったら日本よりウケた」と述べ、河野大臣が「ついにタイに進出ですか」と突っ込む場面もあった。

 また、タイの外務省を表敬訪問した際の話では、ワッキーが「なかなか普段は行かせてもらえない所へ行けた」と貴重な経験を語り、ヒデが「現地には、まだまだ大変なことがある。僕らなりの言動で伝えていけたら」と今後についても意欲的に語った。

 これを受け、河野外務大臣から「これからも色々な国に出かけてください。今後も何か一緒に(活動などが)できないか外務相で相談します」と言葉を送られ、充実した表情で贈呈式を終えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース