V6「トニセン」舞台第2弾に挑戦「3人の空気感感じて」

[ 2019年5月13日 04:00 ]

舞台「カノトイハナサガモノラ」に出演する(左から)井ノ原快彦、坂本昌行、長野博
Photo By 提供写真

 V6の年長3人組「20th Century(トニセン)」が、3人舞台の第2弾に挑戦する。東京グローブ座公演「カノトイハナサガモノラ」(7月27日~8月20日)で、2017年に初挑戦した「TWENTIETH TRIANGLE TOUR」に続く試みになる。

 坂本昌行(47)、長野博(46)、井ノ原快彦(42)がフリートークのようなたわいもない会話を交えながら、トニセンの楽曲を披露する新たなジャンルの舞台。坂本は「自由にやっているように見えて、実は緻密に作り込まれた、演劇の面白さや演じる人間の楽しさが詰まったものになる」と力を込めた。

 役名もそれぞれサカモト、ナガノ、イノハラで、3人の個性が盛り込まれたものになっている。長野は「ご存じの方にもそうではない方にも“こういう空気感の3人なんだね”と感じていただけるものになる」と紹介。井ノ原は「ストレートプレーやミュージカルと同じように、一つの独立したジャンルとして見ていただけたら」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース