黒柳徹子に「後藤新平賞」、地域や国家の発展に寄与

[ 2019年5月13日 05:30 ]

黒柳徹子
Photo By スポニチ

 地域や国家の発展に寄与した人物を称える「第13回後藤新平賞」(主催・後藤新平の会)は12日までに、女優の黒柳徹子(85)に決まった。

 授賞理由は、長年にわたる放送界の第一線での活躍や文筆、演劇などの文化活動に加え、ユニセフ親善大使として世界各地を奔走し、聴覚障がい者の社会参加を促す基金を設立したことなど。授賞式は7月14日、東京都千代田区の明治大で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース