千葉雄大「盤上の向日葵」でNHK連ドラ初主演!異端の棋士に BSプレミアムで9月放送

[ 2019年5月13日 15:45 ]

NHK BSプレミアム「盤上の向日葵」の主演を務める千葉雄大
Photo By 提供写真

 俳優の千葉雄大(30)がNHK BSプレミアム「盤上の向日葵」(9月8日スタート、日曜後10・00、全4回)に主演することが13日、同局から発表された。NHKの連続ドラマは初主演となる。

 昨年の本屋大賞2位に輝いた柚月裕子氏の同名ミステリー長編をドラマ化。奨励会を経ず実業界から転身してプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉)の半生を描く。

 埼玉の山中から発見された白骨遺体とともに埋められていた初代・菊水月作の名駒の所有者を捜査する県警の石破刑事を大友康平(63)、奨励会を退会して警察官になった佐野を蓮佛美沙子(28)が演じる。

 7月中旬にクランクイン。千葉は「表面的には静かながら、中には何かうごめくものをすごく感じます。見てくださった方に少しでも残るものをお土産にしていただけるよう、自分にできることを精いっぱい取り組みたいと思います」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース