鈴木紗理奈、愛息をインターナショナルに通わせる理由「幼稚園選ぶ時に母子やと…」

[ 2019年5月13日 21:50 ]

タレントの鈴木紗理奈
Photo By スポニチ

 タレントの鈴木紗理奈(41)が13日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜後9・00)に出演。愛息をインターナショナルスクールに通わせている理由を語った。

 2008年12月にレゲエユニット「INFINITY16」のTELA―C(年齢非公表)と5年の交際を経て結婚。10年2月には第1子となる長男を出産したが、その3年後に離婚した。

 現在は10年前に購入した3LDKのマンションに暮らし、シングルマザーとして仕事と長男の子育てに奮闘する日々を送っている。

 長男が通っているのはインターナショナルスクール。選んだ理由について「(希望の)幼稚園を選ぶ時に母子やったら受からないって言われた。両親揃ってないとダメだって。それってどういう意味って…」と告白。そんな時に目にしたのがインターナショナルスクールの願書。「反対にインターナショナルスクールの願書には父の記入欄にも『Father』のほかに『Stepfather(義理のお父さん)』の欄まであった。それ見て迷いがなくなって」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース