寺田心「ばあば」とギュ~ッ!「うれしかった」

[ 2019年5月13日 09:11 ]

映画「ばあばは、だいじょうぶ」の舞台あいさつを行った(左から)ジャッキー・ウー監督、寺田心、冨士眞奈美
Photo By スポニチ

 人気子役の寺田心(10)が12日、都内で公開中の主演映画「ばあばは、だいじょうぶ」の舞台あいさつに登壇した。

 認知症になった祖母を孫の視点で見つめる感動作で、オーディションで主役を勝ち取った寺田は、ミラノ国際映画祭の外国映画主演男優賞を史上最年少で受賞。祖母役の冨士眞奈美(81)との共演には「ばあばと呼んでいいですかと聞いたら、いいよと言ってギュ~ッてしてくださったのがうれしかった」と笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース