霜降り・せいや ネット上のクレームに困惑 「俺らも頑張っているだけやから…」

[ 2019年5月13日 12:33 ]

「霜降り明星」のせいや
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「霜降り明星」のせいや(26)が10日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン0(ZERO)」(金曜深夜3・00)で、ネット上での批判にショックを受けていることを明かした。7日放送の日本テレビ系「ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ 次世代ものまね芸人No.1決定戦」(後7・56)で優勝したものの、一部ものまねファンの意見は厳しかったという。

 相方の粗品(26)が、ものまねグランプリについて触れ「決勝でMr.シャチホコさん、古賀シュウさんらゴリゴリの本家に競り勝つ」と紹介。せいやは「ものまねのプロたちの番組ですから。僕らはイロモンみたいなね。優勝っていうのはラッキーなことですよ」と謙虚に振り返った。続けて「なんでこんな感じで言ってるかと言うと、結構ツイッターに『畑荒らすな』的な、ものまねファンから結構きたのよ」とクレームが来ていることも付け加えた。

 コンビで「M-1グランプリ」、続いて粗品がピンで「R-1ぐらんぷり」優勝。さらに、せいやもソロで頂点に立ったことについて「『霜降り3冠や』とか『優勝し過ぎや』と。俺らも頑張っているだけやからな」と反響に困惑気味。

 また、「小学校の時にコロッケさんを見て…。そこから俺のお笑いは始まっている」と、芸の原点がものまねだったことを紹介。「コロッケさんにいつか会えたらええなあと思って、やっとものまのまねグランプリ出て、あのコロッケさんに98点つけてもらって。で、優勝したら『お前、なに畑荒らしてんだよ』って」と苦笑い。それでも最後は「まさかこんなに評価されるとは思わなかった、審査委員の方たちに。だからうれしいな」と素直に喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース