「銀魂」今度こそ?最終回へアプリで連載再開 残り話数は告知されず

[ 2019年5月13日 13:00 ]

週刊少年ジャンプ24号で発表された「銀魂」の再開 (C)空知英秋/集英社
Photo By 提供写真

 物語の完結を告知しながら最終回を迎えられない流れを繰り返している人気漫画「銀魂」(空知英秋氏作)が、今度こそ完結を目指して「銀魂公式アプリ」で13日から連載を再開した。この日発売の週刊少年ジャンプ(集英社)で告知している。

 初回配信は29ページ。主人公の坂田銀時の“最終決戦”がいよいよ結末へと向かう。

 銀魂は週刊少年ジャンプで2003年に連載が始まった人気漫画。「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人が力を持つ、パラレルワールドの江戸を舞台とするSFコメディー時代劇。

 同誌で連載中の昨年8月に「残り5話」と予告したが完結できなかった。同年12月発売の週刊少年ジャンプGIGAで、今度は「残り3回」と予告。それでも終われず、今年2月発売号で「銀魂公式アプリ」で連載を継続することを発表していた。

 「銀魂公式アプリ」は、銀魂の漫画、小説、アニメが楽しめるアプリ。漫画と小説は、条件つきながら無料で全話みることができる。

 同アプリでの第2回配信は、2週間後の27日の予定。残り話数についての情報は告知されていない。

 なお週刊少年ジャンプ24号では、「NARUTO」の岸本斉史氏の新作「サムライ8 八丸伝」の連載がスタートする。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月13日のニュース