×

慶大清原Jr.が目覚めの兆し 2戦連続適時打に父「一本出てよかった」 好守も披露し先発前田Jr.援護

[ 2022年6月2日 13:47 ]

東京六大学野球リーグ フレッシュトーナメント 3、4位決定戦   慶大4―0早大 ( 2022年6月2日    神宮 )

東京六大学野球フレッシュトーナメント<早大・慶大>試合終了後、ハグをする慶大・清原(右)と父・和博氏(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 慶大が早大を4―0で下し、最終順位を3位とした。

 慶大の「4番・一塁」で出場した清原正吾内野手(2年)は、3打数無安打で迎えた8回2死一、二塁から左前に適時打。一塁側内野席で見守った父は拍手を送り、活躍に満足そうな様子だった。

 一塁守備でも内野手が送球したハーフバウンドをすくい上げるなど好守を見せた。

 31日の東大戦に続く2戦連続の適時打を放った「ジュニア」の試合後の一問一答は以下の通り。

 ――適時打は。
 「自分自身、納得いく打席がなくて“どうしよう”と考えた時に、とにかくチームが勝つバッティング、とにかくバットに当てることを考えて打席に入りました」。

 ――父に良い姿を見せた。
 「毎試合見に来てくれていたので、良いところを見せたいと思っていた。それがタイムリーになってうれしいと思っています」。

 ――5番をつけた理由。
 「僕自身、大学から野球を始めた以上は必ず親孝行したいなと思った。オヤジのつけていた5番をやっぱりつけて打席に立ちたい。オヤジが2000本安打達成したところも神宮だったらしいので、その神宮の場で5番をつけて打席に立てることは良い親孝行できたのかなと思います」。

 ――父から言われたことは。
 「頑張ってくれという一言、5番をつけてくれてありがとうなという一言ですね」。

 ――目標の選手は。
 「ホームラン王の萩尾さんだったり、広瀬さんが目標の選手です。慶応の中で」。

 ――父も目標か。
 「それは一番の目標です。オヤジみたいなプレーヤーになることが一番の目標ですし、こうやってみせたいという思いがあります」。

 ――4打席目は。
 「とにかく打席内で迷わないことを意識して真っすぐに負けないように意識しました」。

 ――抜けた。
 「ほっとしましたね」。

 ――斎藤の本塁打で喜んでいた。
 「自分が打てていないことは関係ないですね。チームが打ってくれることに対してシンプルにうれしかった。自分のバッティングがダメだからとかは全く関係なく、チームが良い方向に進んでくれるならば何でもいいです。自分はチームに何が求められているのかを理解しながら勝利につながるバッティングをしたい」。

 ――初戦後に父と打撃の振り返りをした。
 「上半身が緊張して固まっていた部分があった。そこをリラックスしていけというのと、あとは始動をもうちょっと速くしろと」。

 ――きょうは何と声をかけられた。
 「一本出てよかったなと」。

 ――先発で4回1失点だった前田投手は。
 「かわいい後輩なので、おちょくる面もありながら一番応援している投手なので良い感じに抑えてくれてよかったです」。

 ――2試合で手応え。
 「そうですね。去年はノーヒットだったので、今年やっと出て自信にはなりました」。

 ――父の道具を使っている。
 「ファーストミットとリストバンドですね。(オリックス時代につけていた、ファーストミットも試合で使っていた)はい。シンプルに僕から使わせてくれとお願いして、取りやすい。やっぱりオヤジのグローブをつけてグラウンドに立ちたいという思いがありました。あまり雑には使えないので公式戦用として使っています。(1年春から)はい」。

 ――意気込みは。
 「慶応が(春の)リーグ戦で優勝できなかった部分は悔しい部分がある。秋こそは優勝したいので、自分がどのように部に貢献する形になるかわかりませんが、戦力として活躍できるように必死に努力してチームの勝利のために貢献できればいいなと考えています」。

 ◇清原 正吾(きよはら・しょうご)2002年(平14)8月23日生まれ、東京都出身の19歳。小3から「オール麻布」で野球を始め、中学ではバレーボール部、慶応高ではアメリカンフットボール部に所属。慶大で硬式野球部に入部した。一塁のほか三塁、外野もこなす。1メートル86、90キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月2日のニュース