×

昨年限りで現役引退の松坂大輔さん テレ朝「報道ステーション」キャスター就任「スポーツ以外も興味を」

[ 2022年1月29日 08:00 ]

テレビ朝日「報道ステーション」のスポーツキャスターに就任する松坂大輔さん
Photo By 提供写真

 日米通算170勝をマークし、昨年限りで現役を引退した元西武の松坂大輔さん(41)が、テレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)のキャスターに就任することが決まった。29日、同局が発表した。

 2月1日から同番組のスポーツコーナーに出演。野球評論家としてのキャリアをスタートさせる。

 松坂さんは同局を通じて「自分が『報道ステーション』のキャスターになるなんて想像もしていませんでしたし、正直なところ『報道ステーション』に出演している自分をまだイメージができないですが、それも含め、これから起こるであろう“分からない”、“初めて”を楽しみにしています」とコメント。

 横浜高時代の98年には甲子園を春夏連覇。旋風を巻き起こし、西武、メジャーリーグのレッドソックスなどでも活躍した「平成の怪物」。

 「日本とアメリカを行き来する生活も生かし、日本に伝わりきれてない情報などを視聴者の方々がより深く知ることができるよう、お手伝いができたら…と思います」とも話した。

 「報道ステーション」のスポーツキャスターといえば元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんのイメージが強いといい、「どの競技、どの選手に対しても同じテンションと情熱をもって、その素晴らしさを伝えている方。同じようにはできないですが、僕も競技や選手、スタッフの方々に対してリスペクトをもって接していきたいです」とした。

 メインキャスターの大越健介さんは東大野球部出身。昨年の引退試合の際に中継で話をしたといい「物腰が柔らかくて話しかけやすい雰囲気を持った方だと感じました。『報道ステーション』は報道番組でもありますし、大越さんをはじめ皆さんのお力を借りながら、スポーツ以外のところにも興味を持っていきたいです」と結んだ。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月29日のニュース