【ファーム情報】日本ハム・清宮は11本塁打、33打点がリーグ2位 楽天・釜田は防御率トップ

[ 2021年8月2日 17:27 ]

 イースタン・リーグはロッテが41勝27敗6分けと貯金14で首位。2位の楽天に5ゲーム差をつけている。3位以下は西武、巨人、日本ハム、ヤクルト、DeNAの順。個人成績は以下の通り。

 ◇打撃部門 楽天の育成選手・山崎真が打率・338で首位打者。打率・322で2位の楽天・渡辺佳は出塁率・409でトップだ。西武のドラフト1位・渡部が14本塁打、47打点で2冠。日本ハム・清宮は11本塁打、33打点でいずれも2位につけている。盗塁は楽天・山崎剛が18個で1位。

 ◇投手部門 防御率は楽天・釜田がトップの2・21。釜田は6勝で2位につけている。リーグトップの8勝はロッテの育成選手・森。奪三振は楽天のドラフト2位・高田孝(法大)が74個でトップだ。セーブはロッテ・小沼が13で1位。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月2日のニュース