イスラエル 7回一気6得点!メキシコは敗退決定

[ 2021年8月2日 05:30 ]

東京五輪第10日 野球決勝T1回戦   イスラエル12―5メキシコ ( 2021年8月1日    横浜 )

メキシコに勝って喜ぶイスラエルの選手たち(AP)
Photo By AP

 イスラエルは12安打で12点を奪ってメキシコに大勝。準々決勝に進んだ。1点リードの3回に2番・バレンシアの3ランなどで一挙5得点。7回はメジャー通算1999安打のキンズラーの二塁打を起点に、6安打で6点を奪った。

 エリック・ホルツ監督は「ヒットがたくさん出たし、四球も得点につながった。(バレンシアの)3ランが大きかった」と笑顔。メキシコは1次リーグから3連敗となり敗退が決まった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月2日のニュース