レッズ・秋山 代打で見逃し三振、チームは快勝 ここ6試合で5勝

[ 2021年8月2日 05:35 ]

ナ・リーグ   レッズ7―1メッツ ( 2021年8月1日    ニューヨーク )

レッズ・秋山(AP)
Photo By AP

 レッズの秋山翔吾外野手(33)が1日(日本時間2日)、ニューヨークでのメッツ戦の8回表に代打で登場し、見逃し三振だった。

 前日まで3戦連続で先発に入った秋山だが、この日はベンチスタート。チームが4―1とリードした8回1死二塁の場面で打席に立ったが、右腕スミスがカウント3―2から投じた152キロの微妙なコースの4シームがストライクと判定された。秋山は31日(同1日)のメッツ戦から3打席連続三振。打率は・200となった。レッズは7―1でメッツに快勝し、直近の6試合で5勝と好調を保っている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月2日のニュース