2年ぶりに先発転向のDeNA・石田 リーグ後半戦に向け「もう1度やり返す」

[ 2021年8月2日 12:35 ]

DeNaの石田健大
Photo By スポニチ

 8月中旬から再開するリーグ後半戦に向け先発に転向したDeNA・石田健大投手が2日、横須賀市内の練習施設「DOCK」で取材対応。2年ぶりの先発準備へ「先発をやっていた経験、引き出しをもう1度出しながら調整していきたい。今のチーム成績は僕の投球が悪かったというのもある。もう1度やり返す姿勢で、チームに役立つ投球をしたい」と話した。

 7月28日のイースタン・リーグ西武戦(メットライフ)で転向後、初先発。3回を無失点に封じた。今季はここまで32試合1勝1敗2ホールドで防御率5・61の成績を残している。

 転向については同14日のリーグ前半戦終了後に三浦大輔監督から提案を受けた。「自分はタイプ的には中継ぎとは思っていない。先発で打者と3、4回対戦する中で、球選びというかゾーン勝負をしていく。提案を受けて、もう1度先発をやってみてもいいかなと思った」と続けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月2日のニュース