【ファーム情報】打率上位3人は阪神勢 ソフトB・リチャードが本塁打&打点の2冠 

[ 2021年8月2日 17:34 ]

ソフトバンクのリチャード
Photo By スポニチ

 ウエスタン・リーグはソフトバンクが46勝28敗2分けで首位。2位には3・5ゲーム差で中日がつけている。以下の順位は阪神、広島、オリックス。個人成績は以下の通り。

 ◇打撃部門 打率は上位3人が阪神勢。1位・島田が打率・339で小幡、小野寺と続いている。ソフトバンク・リチャードが10本塁打、45打点で2冠。阪神・井上が8本塁打、40打点でいずれも2位につけている。盗塁は打率トップの島田が19個で1位。

 ◇投手部門 中日・岡野が防御率2・37で1位。ソフトバンクから阪神にトレード移籍した二保が同2・63で2位につけている。勝利数はソフトバンク・スチュワート、大竹、中日・山井が6勝でトップに並ぶ。奪三振はオリックス・本田が65個で1位。セーブはソフトバンク・椎野が5セーブでトップ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月2日のニュース