侍ジャパン、9回土壇場で追いつく 試合はタイブレークへ 米国戦

[ 2021年8月2日 22:37 ]

東京五輪第11日 野球準々決勝   日本5―6米国 ( 2021年8月2日    横浜スタジアム )

<東京五輪 野球 準々決勝 日本・米国>3回2死満塁、柳田は遊撃に適時内野安打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東京五輪に出場している野球日本代表「侍ジャパン」は2日、横浜スタジアムで行われた準々決勝で宿敵・米国と対戦。5―6で迎えた9回に追いつき、試合は無死一、二塁から始まるタイブレークにもつれ込んだ。

 1点ビハインドの9回1死から鈴木が四球を選び、続く浅村が右前打して1死一、三塁とし、柳田の二塁ゴロの間に三塁走者の鈴木が生還し、6─6とした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月2日のニュース