巨人育成・平間がファーム月間MVP 打撃好調で「今年が勝負だと思っている」

[ 2021年5月13日 13:00 ]

巨人の平間
Photo By スポニチ

 巨人の育成2年目・平間隼人内野手(24)が13日、3、4月度のファーム月間MVP賞に選出された。3、4月は25試合に出場して打率・387の成績を残し「今年が勝負だと思ってやっているので。なんとか今しがみついてやっている途中です」と表情を引き締めた。

 打撃好調の要因については、阿部2軍監督や松本2軍野手総合コーチらの指導を受けながら取り組んできた成果だという。「自分のスイングが内から出すというイメージが強すぎてその感覚のずれがあったんで、それを直してもらったというか矯正して。その中で自分の感覚が良くなったので、継続して意識してするようにしてます」と話した。

 独立リーグ・徳島インディゴソックスから19年の育成ドラフト1位で入団。俊足も魅力の24歳は支配下登録に向け「期限が7月いっぱいまでなんで、そこまではなんとか頑張って支配下取って、1軍で出られるようにしたいです」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月13日のニュース