マリナーズ・雄星 世界一のド軍相手に自己新11K「自信にしていいかな」

[ 2021年5月13日 02:30 ]

インターリーグ   マリナーズ4-6ドジャース ( 2021年5月11日    ロサンゼルス )

<ドジャーズ・マリナーズ>先発し好投の菊池(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池が昨季ワールドシリーズ覇者のドジャース相手に好投を見せた。

 「世界一の打線。自信にしていいかなと思う」。カットボールを軸に最速98マイル(約158キロ)の直球とチェンジアップが効果満点。6回1/3を6安打3失点に抑え、毎回で自己最多の11三振を奪った。

 ドジャースタジアムでは6年前に大リーグを観戦。「ここでやらないと野球人生が終われないと思った」とメジャー挑戦を決めた原点の地だ。救援陣が逆転を許して2勝目は手にできなかったが「次の登板につながる」と前向きだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月13日のニュース